FC2ブログ
2013. 08. 22  
20130822徒然草REMIX

清少納言「で、老人の良さって?」

兼好法師「淡泊であまり細かいことを気にせず、あたふた動揺もしない。心は静かで無益なことはせず、我が身をいたわって憂いなく、人の迷惑にならないようにと考える。

老いて後の知恵が若者に優るっていうのは、

若者の容貌が老人に優るようなものなんですよ
」〔…〕

兼「そうそう。『いつも青春』みたいなことを言いたがる老人を見てるとね、『いざ死ぬって時にじたばたするなよ』と、言いたくなってしまうわけです」

清「今の日本の老人達、大丈夫なのかしらね」

兼「いや本当、長すぎる老後っていうのも、考えものですよ。私も、出家後の生活って老後みたいなものだから、『ちょっと早く出家しすぎたか』と思いましたもん。考える時間がありすぎちゃって……」

――「老い」


□徒然草REMIX │酒井順子│新潮社│ISBN:9784103985075│2011年11月│評価=△

〈キャッチコピー〉
同業者の目で「徒然草」を読めば、兼好のホンネが聞こえてくる。女への罵詈雑言、容赦なき田舎者差別、抑えても溢れる自慢話……天下の名著を再発見!

〈ノート〉
序段の「あやしうこそものぐるほしけれ」は、本書の著者によれば、……。

――私の感覚ですと、
「何をしているんだかなぁ、俺」
といった気分ではないかと思うのです。


なかなかいい訳ではないですか。本書のREMIXというのは別バージョンという意味らしいが、キャッチコピーの“同業者”といい、なんと不遜なことか。本書のキャッチコピーでは、「お色直し」としている。なるほど。

しかし光田和伸『恋の隠し方――兼好と「徒然草」』を読んでからは、どの徒然草関連本も旧態依然として魅力がない。

たとえばある女性のふるまいを描いた有名な第32段。「かやうの事は、ただ、朝夕の心づかひによるべし」(こういう優雅なふるまいは、ふだんの生活の心がけによるもの)と兼好。

これに対し、本書では、「男がいつ何時訪ねてさても準備OK、帰った後もその余韻に浸っている女性というのは、愛人体質以外の何物でもありません。〔…〕そんな女に対しては、兼好は「くちをし」からず思うのでした」云々。

源氏物語の花散里まで持ち出し、「いまだに心の底では花数里タイプを求める人が多い世に生きている者とし」憤懣やるかたなく、愛人対専業主婦論を展開している。しかし光田和伸説によれば、「その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし」第32段の女性は、故あって結婚できなかった兼好のかつての恋人である。

「あらまほし」「わびし」「あはれ」「くちをし」など、上掲のように清少納言まで登場させ、兼好との対談を組み、ご機嫌をうかがう一書。

〈読後の一言〉
そういえば、「もちろん、私が今書いておりますこのエッセイもまた、『私はこんな風に一味違った観点から徒然草を読んでいてよ。どう?』という自慢であるわけです」とまで書いている。

〈キーワード〉
老いの知恵・若者の容貌 第32段 愛人対専業主婦論

〈リンク〉
光田和伸□恋の隠し方――兼好と「徒然草」

杉本秀太郎□『徒然草』を読む

清水義範◆身もフタもない日本文学史

酒井順子■ 枕草子REMIX



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
高岩淡□銀幕おもいで話
NEW Topics
T版 2019年5月 …………◎相澤冬樹◎椎名誠◎高田文夫◎小林信彦◎阿部恭子◎綿貫淳子◎絲山秋子◎古橋信孝
山岡淳一郎◎木下サーカス四代記――年間120万人を魅了する百年企業の光芒    …………☆“ジンタの哀愁”とは程遠いエンターテーメイントの極致に関する経営ドキュメント
村田喜代子◎飛族      …………☆天を仰いで鳥踊りをする老女にアジサシが空を切り裂いて降りくる。鳥も魚も線引きのない空と海の茫漠の中に生きている。
神戸新聞「次の本へ」取材班◎次の本へV3しごと編    …………☆西東三鬼『神戸』から稲垣足穂『明石』へ。そしてチェック機能の働かない地元新聞と、明石市民のメンタリティ批判へ
坂井律子◎〈いのち〉とがん――患者となって考えたこと    …………☆がん患者にとって死はそこにあり続けるし、最後まで死の受容はできない
藤井青銅◎「日本の伝統」の正体     …………☆平成から令和へ。元号は十分に古い伝統だ。でも、結構いいかげんだった
小泉武夫◎骨まで愛して――粗屋五郎の築地物語 …………☆“食の冒険家”による小説仕立ての“魚の粗(あら)”に関する百科事典
杉山恒太郎◎アイデアの発見――杉山恒太郎が目撃した、世界を変えた広告50選 …………☆社会や個人の価値観を変え、新しいライフスタイルを創りだした広告の数々
なかにし礼◎がんに生きる ………………☆がんで死にたい。自らを鼓舞するために書かれた闘病本
稲垣えみ子◎人生はどこでもドア――リヨンの14日間    …………☆“実用記事”満載の海外民宿「旅」の本であるが、ひとり暮らしの若者や老人に“生活”のヒントを与えてくれる本でもある
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

koberandom

Author:koberandom

Kininarusakuin_1

検索フォーム
最新記事
平成引用句辞典2013.02~
QRコード
QR