FC2ブログ
2014. 10. 16  
2014.10.16縁もたけなわ

 面と向かって「敵」呼ばわりする人がいる。呉智英さんだ。

 彼は、一時期、「編集者から『書きたいものは何ですか』と聞かれるので、『日本をダメにした松田哲夫』という本を書きたい、と言うんだが、どこも『お願いします』と言ってこない」と不服そうに話していた。〔…〕

 呉さんの近著『吉本隆明という「共同幻想」』(筑摩書房)にも「松田」は登場する。〔…〕

 「『逃走論』を編集した……松田は『逃走論』を私に向かって得意気に振りかざし、どうだ、おまえなんかには分かんないだろう、と、しきりに自慢した」とある。〔…〕

 呉さんは、やれ吉本だ、やれニューアカだと流行に飛びついたり、あおり立てたりするジャーナリズムや編集者の姿勢を問うているのだろう。

 面と向かって、そう言われたら、編集という仕事は、確固とした思想信条に基づいているものではなく、

時代の流れや自分の気分に従って、好奇心のおもむくままに食いついてみるもの
なので、「軽薄ですみません」と謝るしかない。

――呉智英さん


■縁もたけなわ――ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たち│松田哲夫│小学館│ISBN:9784093798648│2014年08月│評価=○

〈キャッチコピー〉
天性の編集者に縁あった多士済々、綺羅星の如き大宴会。

〈ノート〉
 松田哲夫、1947年生まれ。筑摩書房編集者として『ちくま文学の森』などヒット本を多発。

 本書は安野光雅、赤瀬川原平、南伸坊、鶴見俊輔など“ちくま文化人”をはじめ編集者、漫画家、哲学者、独文学者、作家、絵本作家、イラストレーター、ノンフィクションライター、デザイナー、画家、詩人、タレント、女優、装丁家、写真家、評論家、56人の人々の人物スケッチ。「ニッポン元気印時代――松田哲夫の愉快痛快人名録」として「週刊ポスト」に連載されたもの。

 本書のタイトル「縁もたけなわ」は連載時に提案されたが、この言葉(縁・宴)は「そろそろお開きに」という言葉が続くことが多く、寂しい感じがすると著者は反対したという。単行本化にあたり再度「縁もたけなわ」を提案される。

 ――考えてみれば、ぼくも66歳、そろそろ「お開き」の時間なのかもしれない。この本は、この世にいる人、あの世にいる人が、こぞって集まってくれた「生前葬」なのだという気分にもなってきた。そういう風に考えると、「縁もたけなわ」は、この本のタイトルとしては最適のような気もしてきた。(あとがき)

 タイトルに逡巡するほど“老人力”がついてきたらしい。松田哲夫といえば『編集狂時代』(1994)という“自伝”がある。その文庫版に「編集者ってどういう仕事?」という一文が収録されている。

 編集者とは……。読者である。コレクターである。雑用係りである。サービス業である。校正者である。製作担当者である。デザイナーである。営業担当者である。批評家である。ライター(作家)である。学者である。企画者である。プロデューサーである。と13項目が掲げられているが、上掲にあるように「好奇心のおもむくままに食いついてみる」企画者としてまことに優れた編集者だと思う。


〈読後の一言〉
 本書は『編集狂時代』を、その20年後に人物中心にスケッチ風にリライトしたもの。若くして亡くなった永沢光雄を「永沢光雄というジャンル」という言葉で紹介しており、ぜひ読んでみたい。というのが本書での当方の一番の収穫。

〈キーワード〉
編集という仕事 呉智英 筑摩文化人 

〈リンク〉
松田哲夫●「王様のブランチ」のブックガイド200


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
小泉武夫■猟師の肉は腐らない
NEW Topics
T版 2019年5月 …………◎相澤冬樹◎椎名誠◎高田文夫◎小林信彦◎阿部恭子◎綿貫淳子◎絲山秋子◎古橋信孝
山岡淳一郎◎木下サーカス四代記――年間120万人を魅了する百年企業の光芒    …………☆“ジンタの哀愁”とは程遠いエンターテーメイントの極致に関する経営ドキュメント
村田喜代子◎飛族      …………☆天を仰いで鳥踊りをする老女にアジサシが空を切り裂いて降りくる。鳥も魚も線引きのない空と海の茫漠の中に生きている。
神戸新聞「次の本へ」取材班◎次の本へV3しごと編    …………☆西東三鬼『神戸』から稲垣足穂『明石』へ。そしてチェック機能の働かない地元新聞と、明石市民のメンタリティ批判へ
坂井律子◎〈いのち〉とがん――患者となって考えたこと    …………☆がん患者にとって死はそこにあり続けるし、最後まで死の受容はできない
藤井青銅◎「日本の伝統」の正体     …………☆平成から令和へ。元号は十分に古い伝統だ。でも、結構いいかげんだった
小泉武夫◎骨まで愛して――粗屋五郎の築地物語 …………☆“食の冒険家”による小説仕立ての“魚の粗(あら)”に関する百科事典
杉山恒太郎◎アイデアの発見――杉山恒太郎が目撃した、世界を変えた広告50選 …………☆社会や個人の価値観を変え、新しいライフスタイルを創りだした広告の数々
なかにし礼◎がんに生きる ………………☆がんで死にたい。自らを鼓舞するために書かれた闘病本
稲垣えみ子◎人生はどこでもドア――リヨンの14日間    …………☆“実用記事”満載の海外民宿「旅」の本であるが、ひとり暮らしの若者や老人に“生活”のヒントを与えてくれる本でもある
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

koberandom

Author:koberandom

Kininarusakuin_1

検索フォーム
最新記事
平成引用句辞典2013.02~
QRコード
QR