星野智幸★未来の記憶は蘭のなかで作られる

20150203

2015.02.03未来の記憶は

「言いたいことや伝えたいことを、うまく表現することができなかった。言葉でなく行動で示して、まわりにわかってもらおうという考え方でした」

 秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大被告が公判で述べたものだ。

 言葉で言ってもわからないから実力で示すしかない、というのではない。

言葉で意思表示できないがゆえに、態度から意を汲んでもらおうとするのだ。
〔…〕

 日本社会のコミニ一ケーションでは、個人が自分の責任により自分の言葉で意思表示するのがとても難しく、空気を読んで自分をまわりに合わせるほうが優先される。

 だから、自分の抱えた不満をどう表せばいいのか、そもそも誰にその不満を突きつけるべきなのか、わからないままである人が多数を占めている。〔…〕

 日本で本当に意味のある政治的な抗議行動が起こるためには、まず個々人が自分の言葉で意思表示できるようになる必要がある。その能力を奪われていることが、この社会の深刻さだと思う。

――「デモなき社会の憂鬱」



 著者は1965年生まれ。1998年から2014年までのエッセイ44編。「年代と逆順に並べた。現在と地続きに感じられる文章から遡っていくことで、この17年、いかに私たちの生きている環境が変化したのか、感じたいからだ」。

 上掲の2008年の東京秋葉原の無差別殺傷事件(7人死亡、10人重軽傷)の加藤智大被告は、2015年2月最高裁で死刑確定。

 『未来の記憶は蘭のなかで作られる』は奇妙なタイトルだ。あとがきに……。

 ――その花の派手で肉食系なイメージとはうらはらに、蘭は誰とでも一緒に暮らし、厳しい環境を助け合って生き延びる。単子葉植物の中で、最も進化した種族だという。

 今のせちがらく陰湿で暗い社会に暮らしながら、ともすると、私は世に対して背を向けたような姿勢になっている。そして思う。蘭になりたい。蘭として、生きたい。

★未来の記憶は蘭のなかで作られる│星野智幸│岩波書店ISBN:9784000248754│2014年11月│過ちは過去を忘れることから始まる。私は過去を、未来の中に埋め込んでおきたい│評価=△


中島岳志◎秋葉原事件──加藤智大の軌跡

星野智幸◎俺俺



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

koberandom

Author:koberandom



http://koberandom.o.oo7.jp/a-kensaku/index-zen-sakuin.html

Azensakuin_3

最新記事
カテゴリ
平成引用句辞典2013.02~
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop