FC2ブログ
2015. 02. 09  
2015.02.09STAP細胞


  ――プロセスには、さほど重点を置かないで、出来上がった物を「こんなのが出来ました」と報告する姿勢が強いということか。

【武田】そうだ。どうして出来上がったのかということは、必ずしも追求しない。あるいは、ほとんど出来ない。〔…〕

 つまり、そこ(化学工学)では、科学に最も重要な「なぜ?」という内なる問いかけに、答えを見出すことが、ほとんど困難なのだ。

その結果、「なぜ?」という問いかけすらしなくなり、ただひたすら実験を繰り返すことになる。
〔…〕

 小保方を擁護するとすれば、「技術者」ならば、それでも良いということだ。「なぜ」かが分からないとしても、確実に物が作れれば良いのであるから。



*
 上掲は、北海道大学名誉教授武田靖の発言である。また騒動をこう集約する。

 ――科学系と技術系という本質的に相容れない二つの集団。化学系と生命系という、これも基本的に知識体系の異なる集団。研究そのものに関心がある若手研究者と成果のみを求める官僚主義的管理者。さらには京都大学と理研という組織間の対抗。

 幾重にも重なった蛸壷が重層的にからんだ騒動なのである。そして恐らく、旗を振ったのは野依氏であろう。(本書)

 で、結局、当方が得た結論は、まぎれこんだES細胞を独自のコツとレシピで200回以上のSTAP細胞が出来てしまった、作るのが「技術者」なのだからそれで良いではないか、なぜと問われても困る、と小保方研究員。……というところが、真相か。

 小保方晴子を尻尾にして、逃げたトカゲたちは、東京女子医科大学教授・岡野光夫、大和雅之女子医大先端生命医科学研究所長、ハーハード大学関連病院の医師チャールズ・ヴァカンティ、若山照彦(現・山梨大学教授)、理研・竹市センター長、笹井芳樹、野依良治理事長、の面々であると本書は指摘する。

 ところでリケジョ口調で小保方を揶揄し、逃げた研究者を実名で糾弾する小畑峰太郎って何者?

★STAP細胞に群がった悪いヤツら│小畑峰太郎│新潮社│ ISBN:9784103369110│2014年11月│小保方騒動の裏に錬金術を目論んだ科学者、官僚、金融マンの暗闘│評価=○


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
日経BP社特別編集版:編★中村修二劇場
NEW Topics
中村淳彦◎東京貧困女子。――彼女たちはなぜ躓いたのか     …………☆図書館は官製ワーキングプアである司書たちによって成り立っている
半藤一利◎半藤一利 橋をつくる人    …………☆“昭和史の語り部”がエピソードだらけの半生を語った
中島京子◎夢見る帝国図書館 …………☆上書き、重ね書き、オーバーライトという手法によって日本初の図書館が甦る物語
河北新報社報道部◎止まった刻――検証・大川小事故    …………☆石巻の廃校2小学校の2人の校長の言動を風化させてはならない
T版 2019年8月 ………◎田崎健太・全身芸人◎菅野国春・83歳ー平成最後の日記◎西山厚・仏教発見!◎坂井敏ほか・京大変人講座◎ミステリー特別取材班・週刊誌記者が追いかけた「本当かもしれない都市伝説」
近藤雄生◎吃音――伝えられないもどかしさ   …………☆知られていない“吃音のすべて”を自らも悩んだ著者が丹念に記した
牧野邦昭◎経済学者たちの日米開戦 ――秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く   …………☆「確実な敗北」よりも「万一の僥倖」、だからこそ低い確率に賭けてリスクを取っても開戦しなければならない
内澤旬子◎ストーカーとの七〇〇日戦争 …………☆うかつな行動にひやひやしながら、ストーカーの恐怖を共有する
尾崎孝史◎未和 NHK記者はなぜ過労死したのか …………☆企業や役所の組織へ鋭く切り込んだきた記者たちは、部下の女性記者の過労死に直面し、管理職として組織防衛に立つ“リーマン・ジャーナリスト”としての貌をあらわにする
吉田篤弘◎チョコレート・ガール探偵譚   …………☆幻の映画の謎を追って電網を使わず(でもときどき使って)探索した「作り話のような本当の話」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

koberandom

Author:koberandom

Kininarusakuin_1

検索フォーム
最新記事
平成引用句辞典2013.02~
QRコード
QR