FC2ブログ
2017. 06. 27  
2017.06.27大阪的


 大阪以外の地方は、〔…〕。もっと粛々としている。

 これ以上発展はしませんがべつに、とか、歴史はありますからべつに、とか、身の丈をきれいに保つことに専心するシンプルさだとか、成長の余地を残したまま、静かにたたずんでいる。

 わたしはときどき、地方都市の駅前から宿までてけてけ歩きながら、このぐらいのおばちゃんでなさが楽でいいなあ、と思う〔…〕

 でももう、大阪という場所は見るからに老獪なのである。

老獪さを隠そうともしてないというか、終始、「そらおばちゃんかて商売やからあんたらにうるさく売り込むで」という態度なのだ。

具体的にどこが? と言われたら、街並みそのものが、としか答えようがないのもなんだか手の施しようがない感じがする。



★大阪的 |江 弘毅・津村記久子 |ミシマ社|2017年3月|ISBN:9784903908922|△

 コーヒータイムに読み切ることができる薄っぺらい100ページ前後の「コーヒーと1冊」シリーズの1冊。
 
 “当世大阪文化”を取り仕切る何人かの一人江 弘毅と大阪生れの小説家津村記久子の対談集。20歳も年上なので江が上から目線になるのは当然だとしても、本書を読むのは大部分が津村ファンなので、「この偉そうなおっちゃん、誰?」となるだろう。知らんけど。

 その対談よりも、津村による「大阪のあかんところだとか、東京でない場所で感じる大阪っぽさ」について書かれた「大阪から来ました」という前説というか巻頭エッセイは、まことに秀逸な大阪論である。以下、引用……。

 ――大阪の人間は、人数の割にまったくニュートラルさを持ち合わせておらず偏っている、というのは、大阪からあまり出たことがなくてもなんとなくわかる。

 ――こんなにうるさいし街全体が厚化粧だし、住んでいる人もくどいのに、意外と個性がないな。

 ――大阪が厚化粧のスナックのおばちゃんだとすると、増床とメニューの拡張のみがビジネスの拡大の手段だと思い込んでいる様子だが、彼女の着手するどれもにだいたい既視感がある、というような感じだ。

 ――長女へのコンプレックスを持つ次女。自分は姉より美人だと言い聞かせながらも、どこかで姉の影響を振り切ることができない。姉のことをさしてかまわないという態度をとりつつ、わたしお姉ちゃんに似てる? とときどき誰かにたずねている。

 ――大阪は、自分で思っているほど美人でもないし、個性もないし、ましてや自由ではない。

 ――大阪はおばちゃんであることから逃れられない。化粧はいくらでも濃くすることができるけど、老獪さを消し去ることはできない。そしてこれまでに覚えた手練手管を、そう簡単に捨てることはできないのだ。 

 当方がもっとも強烈なパンチだと思うのは、対談の最後にかつての岸和田だんじりの“若頭”江に放った津村の一言である。
 
 ――私大阪の人間やけど、だんじりの話聞いてても、外国の話みたいですよ(笑)。

 津村の大阪論各論が読みたい。江の大阪論は、10年古い。10年同じことをしゃべっている。知らんけど。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
藤井青銅★幸せな裏方  …………☆誰の人生にも、ヒントとコントが詰まっている。
NEW Topics
坂井律子◎〈いのち〉とがん――患者となって考えたこと    …………☆がん患者にとって死はそこにあり続けるし、最後まで死の受容はできない
藤井青銅◎「日本の伝統」の正体     …………☆平成から令和へ。元号は十分に古い伝統だ。でも、結構いいかげんだった
小泉武夫◎骨まで愛して――粗屋五郎の築地物語 …………☆“食の冒険家”による小説仕立ての“魚の粗(あら)”に関する百科事典
杉山恒太郎◎アイデアの発見――杉山恒太郎が目撃した、世界を変えた広告50選 …………☆社会や個人の価値観を変え、新しいライフスタイルを創りだした広告の数々
なかにし礼◎がんに生きる ………………☆がんで死にたい。自らを鼓舞するために書かれた闘病本
稲垣えみ子◎人生はどこでもドア――リヨンの14日間    …………☆“実用記事”満載の海外民宿「旅」の本であるが、ひとり暮らしの若者や老人に“生活”のヒントを与えてくれる本でもある
発掘本・再会本100選★噂の真相一行情報大全集|噂の真相編集部 …………☆32文字による“1行情報”は、ツイッターやフェイクニュースの流行よりも四半世紀前の1980年に始まった
宣伝会議書籍編集部:編◎名作コピーの時間  …………☆恋した「名作コピー」からもっと学べ、AI製コピーが迫っている
発掘本・再会本100選★茶室とインテリア――暮らしの空間デザイン|内田繁   …………☆追悼!内田繁さん、三橋いく代さん、藤本晴美さん
文藝春秋:編◎平成の東京12の貌  …………☆高層住宅が高く聳えるに従い、ゴジラの身長も伸びていった
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

koberandom

Author:koberandom

Kininarusakuin_1

検索フォーム
最新記事
平成引用句辞典2013.02~
QRコード
QR